アマゾンの生き物
Coloretto Amaonas / Abacus / Michael Schacht作
プレイ人数:2〜4人
対象年齢:8歳以上
プレイ時間:20分
ワンポイントセールス:基本は二人用ゲーム。しかし、3または4人でも遊べます。

 まず2人用ルール。両プレーヤーは列カード(カードが描かれたカード)を一組受け取り、青ー紫ー茶ー緑の順番に並べます。そして手札として、動物カードを3枚ずつ受け取ります。残りの動物カードは伏せた山にします。プレーヤーは手番には、手札から1枚出し自分のカードの列に並べるか、相手に渡すかします。カードは色ごとに並べます。ただし、同じカードを2枚置くことはできません。もし置いたらそれら2枚を直ちに捨て札にしなければなりません。相手からカードを渡されたら、同じように色の列に並べます。しかし、この時も、すでに並べられているカードと同じものを置こうとすると、この2枚を直ちに捨てなければなりません。置きたくない場合には、相手から渡されたカードを直ちに捨て札にすると同時に、その色の隣の列にあるカードを1枚捨て札にする必要があります。隣の列にカードなければ、これはできません。いったん色の列に置き、同じカードがある場合には直ちにこの2枚を捨て札にします。
 手番の最後に山から1枚うけっとって手札を3枚に戻して、相手の手番になります。
 なお、緑の列は6枚、青の列は5枚、紫の列は4枚、茶色の列は3枚までしか並べることができません。この数が完成したら、その列の動物カードをすべてまとめて裏向きの山にして、自分の前に置きます。これらのカードはもう捨てる必要はありません。得点として確定したことになります。緑の6枚を完成させると最高点の21点です。青は15点、紫は10点、茶は3枚なので完成させても6点にしかなりません。また、最初にそれぞれの色を完成させたほうにボーナスポイントが入ります。
 いずれかのプレーヤーが、完成させた山を3つ作るか、山札がなくなったらゲームが終了です。ポイント合計の大きいほうが勝ちです。
 3または4人でプレイする場合には、少し追加のルールがあります。1人のプレーヤーが連続してほかのプレーヤーから攻撃されないように、カードを渡されたプレーヤーは、一緒の保護カードを受け取ります。保護カードは列に並べるものではありませんが、保護カードを持っているプレーヤーにカードを渡すことはできません。誰かがカードを渡されたら、その時点で保護カードは移動します。
 自分の列を完成させるか、他の人の完成を阻止するか。手札との相談です。緑や青は高得点が期待できますが、茶色や紫もないと、攻撃されたときに防御が薄くなります。
 3・4人でも遊べますが、2人がメインという珍しいゲームです。


トップページへ