ハンザ
Hansa / Abacus社 / Michael Schacht作
プレイ人数:2-4人
対象年齢:10歳以上
プレイ時間:60分
ワンポイントセールス: 貿易で収入を得るには、売買だけでなく各地に支店を作ることも大事。

 バルト海沿岸を巡って商いをするゲームです。少ない資金を使って、船で移動しながら売買を行い、利益を上げると同時に支店網も広げます。
 ゲームボードの各都市には、商品マーカーが置かれています。また、ゲーム開始時には、各プレーヤーはいくつかの都市に支店を設けます。
 自分の手番の最初には、まず3ターラーの収入を得ます。そして、船の移動や商品の売買が行えます。その前に各都市に置かれている商品マーカーが少なすぎると思ったら、補充することもできます。これには1ターラー必要ですし、すべての空いているマーカー置き場におかれます。つまり自分が利用できないかもしれないところにも補充されるのです。
 船の移動と商品売買のフェイズでは、資金が続く限り何度でも行えます。
 ゲームボードに描かれた矢印に沿って、船を次の都市に移動させるためには1ターラー必要です。ひとつの都市では、商品を買う、売る、販売所を設立するのいずれかしかできません。もっとアクションを行いたい場合には、次の都市に移動しなければなりません。もちろん船を移動させるための1ターラーはそのたびに必要です。
 商品の購入はその都市にある商品マーカーを取って表にして自分の前に置き、1ターラー支払います。この1ターラーは、その都市に単独で一番多くの支店を持っている人に支払います。自分自身がそうなら、もちろん無料です。そういった人がいない場合には、銀行です。
 同じ種類の商品マーカーを複数持っていれば、自分の支店がある都市で売却できます。売却しても収入はありません。その代わり売却した商品マーカーを裏返して置きます。これら裏にした商品マーカーがゲーム終了時の勝利ポイントになります。なお、売却するとその都市にある自分の支店マーカーをひとつ取り除く必要があります。また、同じ種類の商品マーカーを表のまま持っているプレーヤーは、ひとつずつ捨てる必要があります。
 また、表になっている商品マーカーを捨てることによって、その都市に支店を作ることができます。
 移動とこれらのアクションを繰り返し、支店網と勝利ポイントを増やすことを目指します。なお、手番の終了時に持ち越せるのは、3ターラーと表向きの商品マーカー3個までです。それ以上持っている場合は捨てる必要があります。
 ゲーム終了時には、表裏関係なく商品マーカーの数、裏になっている商品マーカーに描かれている樽の数、支店を置いている都市の数によって勝利ポイントを争います。
 効率のよいアクションと移動を組み合わせるのがポイントです。


トップページへ